永久に直らないオーバーフロー

旧車によくあるオーバーフロー。

キャブ内のガソリンが多過ぎて大気にあふれてしまう症状です。

原因は多数ありますが

・タンク内のごみがキャブに混入

・フロート(特に真鍮製)の穴開き

・油面の調整不良

要はフロートバルブが閉じられないために溢れ出すのが主な原因です。

あとたまにあるのがオーバーフローパイプに穴や亀裂が入っているのこと。


上記は目視で大体わかるので何とかなります。


どうしても、どーしても漏れることがあります。

何度もチェックしおかしいところが一切ない、もうあとは世界がおかしいとしか考えられない!


しかし発狂寸前で何とか原因を突き止めました。

それはフロートチャンバー。

フロートチャンバー自体が漏らしている。

フロートチャンバーに巣穴があるのです。

下の動画をご覧ください。

フロートチャンバー単体にしてガソリンを入れます。縁が湿っています。

ティッシュで何度拭いても、中からじわりと湿ってくる。

パッキンを交換してもその辺りから滲んでくる場合はそのケースが多いです。


解決策としては、タンクのコーティング剤でコーディングしちゃいます。

うちではワコーズのタンクライナーを使用。

僕のCB72はこれで5年以上問題ありません。


オーバーフローで発狂寸前の方は確認してみて下さい。きっとそれが原因ですよ。



94回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示