11万km修理完了


走行11万kmのパリダカの修理が完了しました。

エンジンは穴という穴全てからオイルが漏れており、オイル上がりと下がりの症状及び異音。キックスプリング折れ。

これは修理するよりエンジン丸ごと載せ替えが得策。

中古良品を探してきて、ヘッドカバーを定番のフルセットでO/H。

ロッカーアームシャフトのOリング、デコンプのオイルシール、タペットカバーのOリングを交換、腰下の方はニュートラルスイッチのOリングとチェンジペダルのオイルシールもしっかり修理。

フロントブレーキはハブが減り過ぎてやむを得ずディスクに交換したそうです。

マシターシリンダーが不調でほとんど効いてない!これもO/Hより交換が費用対効果高し!デイトナのニッシンマスターに交換して抜群の効きになりました。

その他

オイル、プラグ、クラッチレバー&ホルダー

チェーンスライダー、エアクリーナーetc…

オーナーさんもそれなりにお金を掛けてくれたので、今やれる100%の仕事が出来ました。すごく良い仕上がりになったと思います。

こんな思い入れの強い、大事なバイクの修理をご依頼されるのはとても光栄なことです。

お土産も頂きありがとうございました!



134回の閲覧

copyright © 2020 MOTOR STAND. All rights reserved.

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン