パリダカのクランクケース

滅多にありませんが、必要に迫られクランクケースを割ります。

XL系のエンジンはミッションがイカれることはほとんどありません。

じゃあ何かというと、今回はここのオイルシール交換。

フロントのスプロケットを回すカウンターシャフトのシールからのオイル漏れ。

これを交換するのにエンジンを降ろしクランクケースを上下に開けないとできません。


右が交換したオイルシール。分離しちゃってます。



元に戻してエンジン始動。

やり直しなんて洒落になりませんからね、

何度も確認しながら組んだのでバッチリ👍

前回のシリンダーヘッドオーバーホールと相まって、完調なエンジンに仕上がりました。






125回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示