スズキ AC90


1968年式 2ストスクランブラー

美しいデザインです。

ガソリン漏れとヘッドライト&テールランプが切れる修理でお預かり。

まずはキャブ。

分解すると真鍮製フロートがちゃぷちゃぷいいます。穴が開いてガソリンが入ってますね。修理した跡があるけど直ってません。

これは修理するよりも新品にした方が遥かに合理的。フロートバルブも一緒に交換です。


そしてランプ切れの原因を探求。

配線のカバーが随所に痛んでいます。


ショートしたのでしょう。

セレンも交換。メインキーのハンダも触ったら取れてしまったので補強。


バッチリ直りました!


92回の閲覧

最新記事

すべて表示

絶望の階段

修理の面倒なオイル漏れが発生した。 重い腰を上げ、いざ着工。 そこを修理する為に外すボルトが折れた。 今度はボルト折れ修理の為そのユニットを外す。 ボルトのセンターに穴を開けるのだが、 ドリルの刃がボルトの中で折れた。 絶望的…… しかし奇跡は起きた! 折れたドリルの刃を抜くことに成功! 段階を踏んで絶望を味わったが、 どん底から上がる兆しが見えると やる気は出るものですね✨ さあ頑張ろう。

copyright © 2020 MOTOR STAND. All rights reserved.

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン